国際農村医学会

International Association of Rural Health and Medicine (IARM)

 国際農村医学会は、1961年7月13日フランス・トゥール市で創設、 定款は1962年7月、フランスで法的手順を経て承認されました。

当初の名称は「国際農業医学会」(International Association of Agricultural Medicine:IAAM) でしたが、 1978年、WHOの「2000年までにすべての人に健康を」とする指針に従い、国際農村医学会(International Association of Agricultural Medicine and Rural Health:IAAMRH) と改称されました。 さらに2009年「国際地域医療保健学会」と名称変更しましたが、2014年、日本名は以前の「国際農村医学会」に戻しました。

本学会は、農業医学ならびに農村保健に職業として携わる人たちの自主独立の組織であり、WHO,ILOFAOUNESCOや関連NGOなどと協力しながら、「21世紀にすべての人に健康を」とするWHO が掲げる目的を支持していきます。

 2006年6月のイタリア学会において、ハンガリーに置かれていた事務局が、日本(日本農村医学会事務局)へ移転することが決定されました。

   20159月、第19回学術総会(イタリア、ロディ)にて開催された総会において、新谷事務総長により第20回学術総会を東京で開催することが提案され、全員一致で承認されました。

 

Executive Board of IARM国際農村医学会役員名簿) (2015.9.10~)

 

President: 会長

Hans Hannich(Germany)

 

Vice President: 副会長

Claudio Colosio MD. (Italy)

Dr. Kyeong Soo Lee (Korea)

Peter Lundquist MD. (Sweden)

 

Secretary General: 事務総長

新谷周三(JAとりで総合医療センター)

 

Treasurer: 財務理事

早川富博(足助病院)

 

Members of the Bureau:理事

Myung Ho Kim MD. (Korea)

Hyun-Sul Lim MD. (Korea)

Nuneh Darbinyan MD. (Armenia)

Steven KirkhornMD. (U.S.A.)

John R. Wheat MD. (U.S.A.)

Mohamed Farid Emara MD. (Egypt)

Kegalale J.Gasennelwe MD.(Botswana)

立身政信(岩手大学)

J.R. Guzman MD. (Colombia)

濱野香苗(聖マリア学院大学)

夏川周介(佐久総合病院)

Martial Privez MD. (France)

Mukda Trishnananda MD. (Thailand)

Aristidis Tsatsaxis MD. (Greece)

Simek Ágnes MD. (Hungary)

H.M.KahssayD.T.O.MD. (Switzerland)

Veska Kambourova MD. (Bulgaria)

Ivan Ciznar MD. (Slovak Republic)

Shengli Niu MD. (ILO, Switzerland)

Prof. Istvan Szilard (Hungary)

Petar Bulat MD. (Serbia)

 

 

◇学術総会開催地

会 期

開催地(国)

学会長

参加国、参加者       (日本)

日本からの演題

1

1961.7.6-12

ツール(フランス)

J. Vache

16カ国120(1)

1

2

1964.5.4-9

バードクロイツナッハ(西ドイツ)

G. Preuschen

16カ国150(11)

2

3

1966.9.26-30

ブラチスラバ(チェコスロバキア)

P. Macúch

24カ国450(42)

10

4

1969.9.30-10.4

臼田(日本)

若月俊一

25カ国496(417)

66

5

1972.5.10-15

バルナ (ブルガリア)

カライジェーフ

36カ国653(43)

23

6

1975.9.22-26

ケンブリッジ (イギリス)

C.K. Elliott

33カ国250(38)

12

7

1978.9.17-21

ソルトレイクシティ(アメリカ)

L.W. Knapp

18カ国130(72)

32

8

1981.9.14-18

アビニョン (フランス)

J. Dubrisay

20カ国483(85)

31

9

1984.9.10-14

クライストチャーチ(ニュージーランド)

J. Stoke

18カ国250(105)

49

10

1987.8.27-30

ペーチ(ハンガリー)

J. Tényi

20カ国360(70)

39

11

1991.11.10-13

北京 (中国)

張自寛

31カ国450(52)

20

12

1994.7.10-13

ストックホルム(スウェーデン)

S. Hoglund

27カ国200(64)

24

13

1997.9.7-10

アイオワシティ(アメリカ)

L.W. Knapp

13カ国170(59)

26

14

2000.5.25-27

ペーチ(ハンガリー)

J.Tenyi

31カ国280(48)

13

15

2003.7.20-23

アユタヤ (タイ国)

Mukda Trishnananda

9カ国215(19)

9

16

2006.6.18-21

ロディ(イタリア)

C. Colosio

43カ国350(38)

16

17

2009.10.13-16

カルタヘナ(コロンビア)

J.R. Guzman

27カ国142(12)

9

18

2012.12.10-12

ゴア(インド)

Ashok Patil

25カ国400(24)

13

19

2015.9.8-11

ロディ(イタリア)

C. Colosio

27カ国248(29)

18

 

    | セキュリティプライバシーポリシー著作権について
All Rights Reserved, Copyright(C) The Japanese Association of Rural Medicine